宅建取得の際に抑えるべき試験範囲と抑えない試験範囲

宅地建物取引業者を覚える

宅建取得の際に、一番出題傾向が高いものが不動産とかかわりが深い宅地建物取引業者法でしょう。したがって、これをどれだけ覚えることが出来るかによって合否が決まると言っても過言ではありません。範囲が広いですが、過去の出題傾向より、重要事項の説明と契約書の記載内容、宅地建物取引士については必ず抑えるべきポイントです。また、次いで不動産業者の登録方法や業務上の規制や報酬の規制を抑えることが必要でしょう。過去問を何回も解く必要が一番ある箇所になるでしょう。

民法、不動産登記法、区分所有法、借地借家法を覚える

権利関係として民法、不動産登記法、区分所有法、借家借家ほうが出題されます。民法は難化傾向があり、且つ範囲が広いため最低限のことだけ覚える方がよいでしょう。また、過去問と違う問題出題傾向が強いため、あまり過去問を解くことに力を入れなくてもよいでしょう。しかしながら、不動産登記法、区分所有法、借家借家法は必ずと言ってもよいほど強い出題傾向があります。こちらも、覚える範囲が広いため、過去問を何度も解いて必要な箇所を見極めて覚える必要があるのではないでしょうか。

法令上の制限とその他出題範囲

法令上の制限では農地法、土地区画整理法、開発許可制からよく出題されます。こちらは過去問から出題傾向が明確になっていますので、そこにを重点的に勉強すればよいでしょう。その他の範囲として住宅金融支援機構法や不当景表法がありますが、こちらの範囲はあまり明確となっていないので、過去問を解く程度におさえるのがよいでしょう。また、こちらの範囲は免除講習により5点分が免除となりますので、費用はかかるものの必ず合格したい人は受講するようにしましょう。

宅建の講座を利用することで、社会人が民法や賃貸借契約の内容などをスムーズに理解できることが大きな魅力です。