相続税相談なら税理士事務所に行きましょう

相続税がかかるのはある程度の財産がある場合です

もし親が亡くなって財産があるとしても相続税がかかるとは限りません。全体として、相続税がかかるのは5パーセントもいないと言われています。金額に換算して3600万円以上相続した場合に、相続税がかかります。もし、相続税がかかる可能性がありそうだと思ったら、税理士事務所で相談することです。もちろん、法律にきちんと則り、節税をして相続税を少なくしてくれます。かわいい子供のために親が残してくれた遺産ですから大切にしましょう。

税理士事務所では節税を心がけてくれます

親の遺産を相続するときには不動産も相続することが多くあります。特に土地の値段は高くなって、相続税がそのためになかなか払うことが難しい場合もあります。そこで、税理士事務所では、専門的に土地を再評価して節税したり、または遺産を子供たちで上手に分割することで、円満でなおかつ節税に結び付くような相続税の相談に応じています。亡くなった親御さんも自分の子供たちがけんかをしないで残した遺産で幸せになることを望んでいるはずです。

財産がある場合は生前に考えておきましう

財産がある場合、その財産を巡って子供たちの間で争いがおこるということも考えられます。そこで、生前に自分が亡くなった後の遺産については遺言として残しておけばけんかの原因はなくなります。そして、子供たちがけんかなく平等に財産が行きわたるように税理士事務所に節税のことも含めて相談しておくと良いでしょう。それを遺言として残しておけば、自分が亡くなった後も心配はありません。子供たちは親が残してくれた財産に感謝して生活するでしょう。

相続税相談は弁護士に依頼するといいでしょう。行えることの制約がないので、全てをお願いすることができます。