就業規則作成を社会保険労務士に依頼して働き方改革を行なえます!

仕事と子育ての両立をするには?

少子高齢化が叫ばれている中で、仕事をしながら子育てができる職場環境づくりが急務となっています。子育ては女性だけが行なうものではなく男性も関わっていく必要があり、職場の就業規則で育児休業についてルールを定める必要があります。育児休業法に定められている内容を遵守することは当然のことですが、例えば、労務管理の専門家である社会保険労務士に依頼して、職場独自の制度として法律を上回る内容の育児休業制度を導入することで、子育てをしながらも仕事が続けられやすくなり、女性社員が出産を期に退職してしまうといった悩みを解決することができます。

高年齢者の雇用はどうすればいいの?

現在、国の法律では定年は60歳を下回る定めはできず、定年後も65歳までの継続雇用制度を職場は導入しなければなりません。60歳以上の職員を雇用することは決してネガティブなことではなく、長年勤務してきた中で得た経験や人脈を活用してより良いサービスに結び付けることができます。そして、高年齢者の継続雇用制度や再雇用制度などを社会保険労務士に依頼して就業規則に定めることで、若手社員の指導役として、また、中間管理職の悩みを共有するメンター的な立場として、高年齢者を具体的にどのように活用するのか明確にすることで社内の働き方改革を行なえます。

守秘義務や個人情報保護を遵守させるには?

仕事上に知り得た情報について、近年、特に守秘義務や個人情報保護など、その取扱いが大変デリケートな問題として挙げられます。ちょっとした不注意で情報を漏えいしてしまうと企業はその対応に追われ、場合によっては世間から大きなマイナス評価を受けることになります。職場の中で情報管理の徹底をする為には、社会保険労務士に依頼して就業規則の服務規律もしくは情報管理規程などを作成し、職場で取り扱う情報の大切さを従業員に理解させ、取り扱いについても具体例を示しながら適切な取扱い方法を提示することが情報漏洩の予防につながります。

社会保険労務士の就業規則の内容は、専門性が高いことがあるため、時にプロのスタッフに相談をすることが大事です。