ファンドを始めよう!NISAの活用ができる今

NISAのメリットとは

NISAとは少額投資非課税制度の略であり、ファンドで資産を運用しているときに知っておくと良いものです。毎年120万円までの新しく買った投資商品については運用によって得られた配当や譲渡益について非課税にしてもらえます。NISA口座を開設して運用すれば少額投資で利益を大きくしやすく、少し資産が貯まってきたから少しずつでも運用したいというときに大きな助けになるでしょう。NISAは個人の資産運用を支えるものなのです。

NISAがあるからこそファンド

NISAをうまく活用するためには少額投資を行わなければなりません。年間120万円までが上限なので、それ以上の新規購入額になってしまうような投資では活用できないのです。その点で優れているのがファンドであり、会社によっては十万円程度から投資を行うことができるファンドが多数あります。少額投資を行いやすいファンドを多数持っている会社を選んでNISA口座を開設すれば、効率的に資産運用で稼げる可能性が生じるのです。

NISAを活用するときの注意点

NISAを活用すれば配当などが非課税になるというメリットに駆られてみたものの、気づいたら課税対象になっていたという経験をすることもあります。この制度で注意しなければならないのが最長が5年間であるということであり、ずっと非課税のままにできるわけではないという点です。毎年120万円以内にしていればずっと非課税だと考えていると、始めてから5年目になってその事実に気づいて驚くことになりかねないので注意しましょう。

ファンドの会社の優劣とは、有望な投資銘柄を発掘して、平均以上の成績を上げられるかどうかにかかっていると言えます。