もう現金取引には戻れない!?信用取引3つの利点

レバレッジ取引が可能です

信用取引を代表するメリットは、なんといってもレバレッジ取引が可能なことに尽きるでしょう。たとえば、証券会社に保証金として70万円を預けている場合、最大約210万円までの取引が可能となります。株式相場においては、競馬の鉄板レースみたいな状況が年に何度かあるものですが、そういうときにレバレッジをたっぷり効かせることで、大きな利益を手に出来ます。当然、ハイリターンにはハイリスクが付きものですが、リスク管理を徹底すればそれほど恐れる必要はありません。現に世にたくさん存在する投資成功者たちのなかで、信用取引と無縁な人は皆無です。

あらゆるトレンドに対応出来ます

信用取引のもうひとつのメリットが、あらゆるトレンドに対応出来ることです。安く買って高く売ることしか出来ない現金取引は、相場が低調だとパフォーマンスを発揮出来なくなります。しかし、信用取引においては証券会社から借りた株を現在の相場で売り、後に買い戻す空売りが可能なので、下落トレンドでも十分な利益を狙えます。ただし、空売りは理論上損失が無限になるというリスクがあるので、仕掛ける際は慎重に銘柄を選定する必要があるでしょう。

デイトレードとの相性が抜群です

従来の信用取引においては、回転売買と呼ばれる一日になんども売り買いを繰り返すトレードを個人が行うことは禁じられていましたが、近年の規制緩和によりそれが可能になりました。つまり、個人でもデイトレードで利益を生み出しやすくなったわけです。各証券会社もそのことを十分認識しており、信用取引限定の手数料無料サービスなどを打ち出して顧客獲得に精を出しています。この流れは当分の間続きますから、お得なサービスを上手く活用することで従来よりも遥かに良い成績を得ることも夢ではないでしょう。

信用取引は、担保として差し出した金額の3倍までの取引を行えますが、損失額が大きく膨らんだ場合は強制決済を受けるリスクを孕みます。ですから場合によっては借金を背負う事態が生じます。